Japanese Hymn た-わ

たえなるみちしるべの


1.たえなるみちしるべの ひかりよ、
家路もさだかならぬ やみ夜に、
さびしくさすらう身を
みちびきゆかせたまえ。


2.ゆくすえとおく見るを ねがわじ、
主よ、わがよわき足を まもりて、
ひとあし、またひとあし、
みちをばしめしたまえ。


3.あだなる世のさかえを よろこび、
ほこりておのがみちを あゆみつ、
むなしく過ぎにし日を
わが主よ、忘れたまえ。


4.しるべとなりたまいし ひかりよ、
今よりなおも野路に 山路に、
闇夜のあけゆくまで、
みちびきゆかせたまえ。


5.とこ世のあさにさむる そのとき、
しばしの別れをだに なげきし
あいするもののえがお、
みくににわれをむかえん。

 


たたえよ、主の民


たたえよ 主の民 御使いと共に
恵みにあふれる 父 子 聖霊を

 


ただ信ぜよ


十字架にかかりたる救い主を見よや
こはなが犯したる 罪のため


Refrain
ただ信ぜよ ただ信ぜよ
信ずる者はたれも 皆救われん


死より甦りし 命の主知らずや
罪に死せる人よ 今仰げ


イェスは罪のために 苦しめる者をば
あわれみて救わんと 招きたもう


罪より救われて 限りなき命を
のぞむ者はイェスに 今すがれ

 


たてよいざたて


1.立てよ、いざ立て 主の兵(つわもの)
見ずや、御旗(みはた)の ひるがえるを
すべての仇(あだ)を 滅ぼすまで
君は先立ち 行かせ給わん


2.立てよ、聞かずや 主の角笛
いざ 戦いの 門出急がん
君が隊(て)につく この身なれば
雲なす仇も 何か恐れん


3.立てよ、我が主の 力により
神の鎧(よろい)を 堅くまとい
御霊(みたま)の剣 打ちかざして
おのが持ち場に 勇み進め


4.立てよ、戦(いくさ)は やがて終わり
永久(とわ)の勝ち歌 高く歌い
尽きぬ生命(いのち)の 冠(かむり)を受け
栄えの君と ともに治めん

 


ともだち


とうとき泉あり


1. 尊き泉あり その内より
インマヌエルの血ぞ 溢れ流る
罪に悩む者 くぐり入らば
汚れは洗われ 滲しみは消されん


2 今際いまわの際きわにて 盗人ぬすびとさえ
喜び仰ぎし 泉なれば
ためらわで我も 彼のごとく
ことごと洗われん 汚れをみな


3. 殺され給いし 小羊なる
主の血の力に 変わりあらじ
世より選ばれし 神の民の
聖潔きよめの恵みを 受くるまでは


4. 主よ汝なが傷より 流るる血を
信仰の目を上げて 仰ぎしより
贖いの愛は 我が心を
慰め導く 歌となりぬ


5. 回らぬ舌もて 歌いぬれど
栄えの御国に 移されなば
心ゆくばかり いとも妙たえに
救いの力を たたえ歌わん